ABOUT

黒澤明、小津安二郎などの巨匠達が世界的に評価されていた日本映画黄金期以降、日本映画は衰退する一方です。「マカリス」は今の日本映画の現状を打開する第一歩になる作品だと 信じております。単純でありがちな感動、青春の映画ではなく、人の心に本当に響く深いス トーリーを伝えることが今の日本映画に必要だと思っております。「マカリス」は人間の本 質、不完全さ、残酷であり美しい愛の形等、まさに今の日本映画に足りない要素を凝縮した映画です。日本とアメリカ両国から一流のスタッフとキャストが集結し、世界の映画強豪国に全く劣らない作品を作り出しました。この作品と共に日本映画界に黄金期の輝きを再び取り戻させる事が私の使命だと感じております。

監督 山本康士

[応援コメント:映画編集者 川島章正]

(代表作:「おくりびと」「愛を乞うひと」「家族ゲーム」など)

山本康士監督の創る作品は、大胆でユニークな発想力、人間の本質を丁寧に描く独自の力量に魅了されます。それは彼の持っている独創力と確かな演出力、そして技術力の賜物だと思います。新作「マカリス」もハリウッドで学んだ多様な映画術を駆使し、持ち前の映画にかける情熱で、凋落した日本映画にとって光を取り戻す作品になると確信しています。

STAFF

[監督プロフィール:山本康士]

1986年生まれ。神奈川県茅ヶ崎市出身。高校卒業後18歳の時に映画監督を目指し単身渡米。スピルバーグ監督の出身校として有名なカリフォルニア州立大学ロングビーチ高にて映画制作を学ぶ。卒業後にロサンゼルスを拠点に岩井俊二監督作品や、ブラッド・ドゥーリフ主演作等、数々の映画に関わる。自身の監督作「Blue Prairie」は「ゴッドファーザー」のロバート・ デュバルとジェイムズ・カーンによって設立された団体Open-filmから選出され、全米でテレビ放映される。また、短編ドキュメンタリー「And So The Story Goes」はロングビーチポスト新聞にて特集され、短編映画「Ghost of the Sun」は第69回カンヌ映画祭を始め、ニューヨーク、南アフリカ、ポルトガル等世界中の映画祭に選出された。映像制作会社Coast Vision Productionsの 代表も務めており、SONY、DOCOMO、スクエアエニックス、日本ハム、Pokerstars、FWD GROUP等、日本のみならず、世界中の企業のCMを演出している。また、Nike, Forever 21など多くの世界的大企業のCMを制作しているロサンゼルスの制作会社SWANKY FLICKSに唯一の日本人ディレクターとして所属している。 現在、日米合作の初長編作「狩人のソナタ」の脚本を執筆中。

[撮影:ニコラス・マシューズ]

ハリウッドの第一線で活躍する若手カメラマン。6本の長編映画、数々の短編、CM、MVを多く撮影している。Ice Cube, Rise Against, Thrice, Wiz Khalifa, Five Finger Death Punchなどの大物アーティストの多くのMVを撮影した他、LegoやChevroletなどの世界的大企業のCMも多く撮影している。

CHARACTERS

マカリス(ダイアナ・アセヴェド)

冷酷非道な死神。死が迫った人間しか姿を見る事ができない。人間に嫌悪感を抱いており、容赦なく人間の命を奪う事が自分の義務だと信じている。ある日、危篤状態の少女サツキの命を奪おうとするが、謎の少女の亡霊に引き止められる...

 

ダイアナ・アセヴェド ホームページ 

https://acevedodiana.wixsite.com/diana-acevedo

サツキ(太田唯)

余命わずかな少女。自分の死によって女手一つで自分を育ててくれたシングルマザーの母親マナミに孤独と絶望を与えてしまう事に葛藤を抱いている。マカリスの姿が見えているが、なぜか一切恐れる様子を見せない。

太田唯  ホームページ

https://yui-ohta.com/

(廣田琴美)

サツキの母親。自分にとって唯一の大切な存在である娘サツキを失う事を何よりも恐れている。危篤状態から奇跡的にサツキが目を覚ました事に希望を抱くが...

廣田琴美 ホームページ

https://kotomihirota.wixsite.com/since2020

トカリ(グレン・キャスピヨ)

マカリスの師匠。人間の心情、死によって訪れるの本当の安らぎというものを熟知しているベテランの死神。人間に対する憎しみに執着しているマカリスにある助言を残す。「安らぎの姿は一つではない...」

グレン・キャスピヨ ホームページ

https://www.glencaspillo.com/

少女の亡霊(清田美桜)

サツキの命を奪おうとするマカリスを引き止める亡霊。突然現れ、姿を消してしまうその存在の全てが謎に包まれている。死神であるマカリスに物理的に触れる事ができる。

清田美桜 ホームページ(東京演劇女子)

https://www.tej2018.net/member-mio

ご協賛頂ける方を募集しております。

詳しくは下のボタンをクリックして下さい。

 
MAKHALISS - KOJI YAMAMOTO
00:00 / 00:00

STORY

冷酷非道な死神マカリス。人間は哀れな醜い生き物だとしか思っておらず、容赦なく人々の命を奪っていく。ある日、 危篤状態の17歳の少女サツキに出会う。いつも通り命を奪おうとすると、突然現れた謎の少女の亡霊に引き止められる。すぐに姿を消してしまった少女が伝えようとしたメッセージを探るため、サツキに少しの猶予を与えることにする。 翌朝、奇跡的に回復し、目を覚ましたサツキを観察していくうちに、サツキが大きな葛藤を抱いている事に気づき始める。シングルマザーであるサツキの母親マナミにとって、サツキが唯一の心の支えであった。サツキは自分の死によって、大きな絶望と孤独を母親に与えてしまう事に罪悪感を抱いていた。我が子を失う事を恐れるマナミと、母親をこの絶望から何としても救いたいと思うサツキの強い思いを感じとり、マカリスは徐々に人間という不完全な生き物の「愛」というものを理解し始める。そして少女の亡霊の目的が明らかになる時、サツキとマナミに訪れる残酷な運命に翻弄される事になる。

​ダイアナ・アセヴェド 太田唯

廣田琴美 グレン・キャスピヨ 清田美桜 田中栄吾 真砂豪 下之園嵐史

監督:山本康士 脚本:山本康士 カーステン・ダウ 池田健太 

製作:山本康士 遠藤和輝 矢島沙織 森浩章 新井まり子 矢竹勇一朗

ライアン・ティロットソン ジョーイ・ハリス 撮影:ニコラス・マシューズ

美術:松竹沙羅 録音:マット・ブロードニック ​ヘアメイク:藤原玲子

配給:亀井工業 Coast Vision Productions

亀井工業ロゴタイプ.png
Coast Vision Log
Straw Hut Media
mome-logo-1.png
  • Facebook Social Icon
  • Twitter
  • Instagram

Short Shorts Film Festival & Asia 2019 ジャパン部門ノミネート

カンヌ国際映画祭 Short Film Corner

ヒューストン国際映画祭 中編ホラー/ファンタジー部門 Gold Remi Award受賞

Lift-Off Global Network 2020 短編部門

ニース国際映画祭 4部門ノミネート

New York Japan Cinefest 短編部門ノミネート

日本映画祭シンガポール 短編部門

NewFilmmakers Los Angeles 短編部門ノミネート

 
 
CONTACT

© 2018 Coast Vision, LLC.